母子手帳 婚姻届

母子手帳の交付と婚姻届の関係

婚姻届を出してからじゃないと、旧姓で妊娠届を出すことになります。その為、母子手帳に旧姓で名前を書かれてしまう(自分で書く場合や、無記名でくれる場合もあります)のを嫌う方もいます。

手続き上は何も問題がないのですが「 いかにもできちゃった結婚 」という感じになってしまうのが嫌だ、という方の為に解決方法をお伝えします。

母子手帳を婚姻前にもらうなら

母子手帳を婚姻前にもらっても、その後に婚姻の報告等を報告する必要はなく、自分で書き換えるだけです。気が利く窓口の場合には、鉛筆で書くだけにしてもらえたりします。

ボールペンで書かれてしまうと、修正の痕跡が残ってしまうので、窓口で『 これから結婚して名字が変わるので、鉛筆で書いていただけますか 』と一言伝えましょう。妊娠届を提出する際に、これから結婚する事を伝えると、最初から新しい名字で書いてくれる場合もあります。

婚姻届を出すまではもらわない、慌てて婚姻届を出す等、母子手帳の名前が気になるならこの方法で解決出来ます。母子手帳の名前は書き換えられますが、婚姻届を出した日を結婚記念日にするなら、変更が効かないのでそっちを優先しましょう。




Copyright 母子手帳の交付と手続き
無断転載、無断コピー等一切を禁止します